珍しいバフの持ち主ランディの使い方、最適なルーンを考察!

こんにちは!

SAVARSギルマスのウソッキーです。

不思議の召喚書で召喚されるモンスターは純3モンスターの確率が91,5%ある訳ですが、

そんな数ある純3のモンスターの中から自分の特別な1体を考えるのって大変ですよね汗

今回はそんな純3の中から一つの選択肢を提示致します!

火のバウンティハンター(ランディ)です。

癖はあるものの使うと楽しいモンスターですので、是非とも見ていってください!

ではごゆるりと楽しんで下さいませ♪

(*´ω`*)

ランディのステータス

(火バウンティハンター)

レベル40覚醒済み

HP:9060

攻撃:626

防御:582

速度:110

Ls:ギルドコンテンツ速度16%増加

ステータスの個人的意見

足が少し早い以外はやや低いものの、バランスの良いパラメーターを持っています。

ランディ自体はアタッカーよりはサポート役として運用されることが多く、

速い速度を活かした立ち回りを求められます。

ランディのスキル

スキル1:ブルズアイ

対象:敵単体攻撃

倍率:攻撃力180%(2発)

効果:防御無視

発動率:25%

スキルレベル最大6

lv:ダメージ量5%増加

lv3:ダメージ量5%増加

lv4:ダメージ量5%増加

lv5:ダメージ量5%増加

lv6:ダメージ量10%増加

ブルズアイの個人的意見

確率が決して高いとは言えませんが、防御無視攻撃を持ちます。

反撃ルーンと組み合わせると嬉しい結果に繋がるときもあります。

25%なので期待しすぎるのは良くありませんが汗

スキル2:連射

スキルCT:3ターン

対象:敵単体攻撃

倍率:攻撃力240%×2×(1〜5)

効果:対象の最大体力によりセット数獲得率が変動

発動率:

ランディより最大体力が高い50%

ランディより最大体力が低い25%

スキルレベル最大5

lv2:ダメージ量5%増加

lv3:ダメージ量10%増加

lv4:ダメージ量10%増加

lv5:スキルCT1ターン減少

連射の個人的意見

スキル1に続いてギャンブル要素の高いスキル2です。

ジャイアントキリング向きな性能を持っていますが、確率は確率。

25%でも発動する時は発動しますし、50%でも発動しない時は発動しません!

ただ、フィーバーした時の連射感とダメージ量は舌を巻くものがあります!

スキル3:迎撃態勢

スキルCT:6ターン

対象:味方全体

効果①:3ターン防御バフ

効果②:3ターンクリ率増加

スキルレベル最大3

lv2:スキルCT1ターン減少

lv3:スキルCT1ターン減少

迎撃態勢の個人的意見

防御バフとクリ率を3ターンもの間付けられるランディのサポートスキルです。

迎撃とは『迎え撃つ』こと。

反撃があれば完璧だったと感じつつあります笑

同系統のスキルを風ホルスが持っていますが、風ホルスの場合2ターン+リモーションであり、

若干の違いがあります。

主に防御アタッカーと合わせて使われることが多いですが、

ランディ自身の耐久力も上がるので、

戦線により長くいることができますね!

ルーン考察

足が速い以外のステータスがやや低いのがネックであるため、

あれもこれもと満遍なくカバーすることは厳しいルーン厳選を要求されると感じました。

特化させるとなるとサポートを重視にするか、

攻撃をガンガン上げるかになるわけですから、その線で考えていきます。

ルーン①:保護、意思、破壊

メインオプション

②:速度or体力%or防御%

④:体力%or防御%

⑥:体力%or防御%

体力%を1〜2組、防御%を1組で組みます。

サブオプション

耐久と速度を上げる

メリット

①耐久力あることで一撃で落とされにくくなる

②意思保護で味方に対しても安定性が高い

デメリット

①サポートの枠を一枚削ってしまう

②スキル1とスキル2の火力がおまけ程度にしかならない

大体HPが計27000くらい

防御が計1100くらいまではいきました。

厳選などはしていないので実際はより高い数値を狙えます。

スクショでは速度が全然出ませんでしたが。。

サブオプは速度が最優先で体力と防御を更に補う必要がありますね。

基礎パラメーターが低い故に中々ハードな要求をされます汗

もう1体シールドや回復を行うサポーターを置き、防御系アタッカーを入れましょう。

みかん18号さんのランディクレーン雨師なんか理想形ですが、

アースドリルでもコッパーでもラマハンでも、防御系アタッカーなら大体合わせられます。

私はアースドリルと組み合わせて使う事が多いです。

意思を入れる事で確実に防御バフを掛け、破壊を入れる事で蓄積ダメージを生む事ができます。

破壊による削りは小さいです涙

ルーン②:暴走、反撃

メインオプション

②:攻撃%or移動速度

④:クリダメ

⑥:攻撃%

サブオプション

速度と攻撃系統

メリット

①サポートの枚数を1枚追加配置できる

②暴走発動でスキル3を味方に途切れることなく掛ける事ができる

③スキル1とスキル2の試行回数を増やす事ができる

デメリット

①ランディ自身が紙耐久になる為、サポーターorランディ自身が先制を取れる速さまで速度を上げる必要がある

②そもそも暴走発動も運が絡む

攻撃に特化させたランディです。

速度が低かったり、攻撃力が落ちてたりするのはクリティカル周りを上げた想定にしたためです。

ランディ自身がスキル3で防御バフを扱える為、防御系バフを扱うサポートモンスターを1枚外す事ができます。

ただし、ランディ自身が柔らかくなるのでシールドを張れるモンスターが必須です。

できれば蘇生も欲しいところ。

暴走にすることで、自身に対するバフ効果はループしませんが、

味方へのサポートは途切れずループさせる事ができる可能性があります。

ランディの攻撃スキル自体に運要素があるので、試行回数が増えるのもメリットですね!

ランディの適正

①ギルドバトル

主に速度リーダーとして運用します。

暴走型の場合は水の仙人や風パラディン、水の砂姫でシールドを確保するのが良いでしょう。

耐久型の場合は決め切れるアタッカーを準備する必要があります。

②アリーナ

アリーナではサブで運用します。

ワールドアリーナでは先ずBANされることは無いと思いますが、

どこまでルーンを厳選すれば良いのか悩みどころです。

運用の際は速度をしっかり上げる事が求められるので、ルーン厳選は更に厳しいものになります。

③死のダンジョン

多段攻撃要員になります。

ボスの攻撃も非常に強力になるので防御バフが活きますね!

まとめ

運要素が強く、ハマれば強いランディはあっけなく倒れることも多々ありますが、

そこがまた魅力だと思います。是非お試し下さい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする