【試練の塔】各階層のボスを調べてみた。敵を知っても百戦危うい件①

どうもです。

ウソッキーざんすよ!

^ – ^

毎月更新される試練の塔。

更新されると言ってもボスパーティーのモンスターは変わらないのはご存知かと思います。

出現する階層は変わるんですけどね。

私もやっとこさハードタワーを99Fまでクリアできました。

100Fもクリアしたいけど、時間かかりすぎるし、

クリアするためにはアレコレルーンを剥ぎ取らないといけないので辞めました。

クリアしても伝説だし。。

シャイナ手に入れたら履歴のためにクリアしたいところです!

今回は各ボス階のパーティーを調べてみました。

タワーで苦戦している方の手助けになることを祈ります!

先にボスの注意事項として

①行動不能(スタン凍結睡眠)免疫

ボスを行動不能にするのは不可能です。

取り巻きのモンスターは可能ですよ!

②破壊ルーン効果なし

破壊ルーンの効果を調査しました。

40階層なので結構ルードで削ったのですが、

余裕の全回復です。

破壊が効かない。。

③ボス本体持続ダメージ不可

こちらも効きません。

カイロス仕様ですね!

ボスモンスター

セアラ階

セアラ階ではセアラを中心とした爆弾パーティーが展開されます。

タワーの効果により、セアラは毎ターンスキル2が発動可能となります。

火闇のジョーカーも全体爆弾スキルを持っているため、

常にセアラの起爆の危機に晒されます。

階層が上がれば上がるほど爆弾のダメージが上がるので爆弾を付けられない編成と立ち回りを求められます。

バトル1

水ジョーカー→切り株の順に処理

バトル2

火のピエロ→風ハーピーの順に処理

※道中が一致しているかは調査中です

対策モンスター

①挑発系モンスター

マーブ、ジャンヌ、ウルシャーなど

セアラに挑発をかけることでスキル2、スキル3の発動を抑えることができます。

挑発系モンスターは暴走にすることでより高い効果を得られるのでジャンヌを除き暴走必須です。

※ジャンヌは全体2ターン挑発なのでスキルマなら暴走以外でも問題なし

②免疫系モンスター

デルフォイ、火風ハープ、雨師など

仮に相手にターンが回っても免疫があれば爆弾を防げるので免疫は必須です。

デバフ解除だけだとセアラが起爆優先になっちゃうので、必ず連れて行きましょう。

③全体行動阻害系モンスター

シグマルス、ヴェラード、シャーロットなど

私の場合シグマルスや絶望感バレッタを使いましたが、

睡眠でも可能です。

睡眠の場合はセアラを集中攻撃。

睡眠以外なら闇→火→セアラの順番に倒します。

闇ジョーカーと火ジョーカーは低階層ならほっといても良いのですが、

高い階層だと通常スキルの火力もセアラよりも強いので厄介です。

シグマルスはスキル3が全体凍結+攻撃デバフでCT4

スキル2がCT2でクリティカル→凍結なので、

暴走ならスキルの回転が爆発的に早くなります。

セアラの攻撃をモロに受けるのでフォローは必須です。

全体スタンや全体ゲージダウンなら大体使えますよ!

④ゲージダウン系モンスター

ローレル、ファー

セアラの足止めに使えます。

ゲージダウン系に自信がない場合はヴェルデハイルでも良いのですが、

ゲージアップよりもゲージダウンの方が免疫の持ちを考えると良いと思います。

アシュベル階

アシュベルの階層は攻撃防御バフのメイガンと

持続ダメージ→スタンのコンボを持つスレインが取り巻きモンスターです。

実はそんなに強くないんですが、

メイガンのバフがとにかく厄介です。

敵を倒し辛くなり、こちらは行動不能や持続を浴びせられます。

アシュベルも元の火力は無いのですが、

バフが掛かれば話は別。

アシュベルは攻撃判定無しの2ターン全体睡眠スキルを持っていますし、

スキル2にゲージダウン攻撃も持っているので、

こちらもしっかりと構えないと負けます。

バトル1

水ファントム→闇守護羅刹の順に処理

バトル2

ギアナ処理最優先!

寧ろ道中の方がきつい気が。。

対策モンスター

①免疫系モンスター

睡眠やスタン対策に免疫が必要です。

持続も長引けばジリ貧になるのであるに越したことはありません。

メイガンの剥がし+強化阻害が厄介ですが、

免疫モンスターは解除持ちじゃなくても大丈夫です。

それは下で説明します。

②マーブ

もう名指しですけども、この階はマーブを入れた方が良いです。

マーブはスキル3が全体CT1ターン減少+デバフ1つ解除というタワーで90%以上活躍できるモンスターです。

誰でも育てられますし、暴走の速度耐久をまあまあ上げれば使えるので、

てか私のマーブのステでハード90Fのアシュベルは戦えますから大丈夫です!

③全体行動阻害系モンスター

私はここもシグマルスを使いました。

この階層はバレッタではメイガン対面の分が悪いので、

バレッタの持続ダメージ&絶望に頼るのではなく、

シグマルスの相手体力比例+凍結でやり過ごしました。

シグマルスはスキル3にあまり知られていないんですが、

攻撃デバフも頼りになります!

使う場合はスキルマが求められます。

ルーンは暴走刃です。

シグマルス作ってない場合はバレッタ以外の行動不能系+火力系を持っていくと良いでしょう!

エトナ階

エトナ階では『サマナ界の爆弾岩』の闇インペリノ:ドゥローガンが4体並んでいます。

ドゥローガンのパッシブは倒された際に自分の体力の33%を相手に与えるというもの。

タワーともなればそのダメージは体力モリモリのモンスターを1撃で葬ります。

エトナはスキル3に復活+スキル全チャージを持っているので、

中央突破をするのが最適解になります。

バトル1

水デスナイト→風リッチの順に処理

デスナイトの拒絶が発動すると長引きます。

バトル2

光ファントム→闇守護羅刹の順に処理

無敵で長引くのを阻止しましょう。

対策モンスター

①免疫系モンスター

エトナ、ドゥローガン共に防御デバフを持っています。

バトル1のフーコも防御デバフを持っているので、

安定性向上として持っていきましょう!

②スキルCT減少モンスター

ボス階では中央突破を行うため、ドゥローガンが4体丸残りします。

こちらの回復を回すために連れていきましょう!

③回復系モンスター

免疫と回復がセットのモンスターであれば別に用意する必要はありません。

代わりに防御バフモンスターなどを連れていきましょう。

①のまとめ

セアラ階では爆弾

アシュベル階では行動不能からのバフ火力コンボ

エトナ階では取り巻き爆弾+クリティカルでゲージアップ

とそれぞれ彩り豊かです。

因みにエトナ階のドゥローガンは持続ダメージで倒せばパッシブが発動しないので安定ですが、

調整ミスると首を絞めることになるので私はオススメしてません。

基本は免疫&解除&回復で戦線を維持しながら相手を減らしていくことが求められます。

根気強くやりましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする